専門学校では一般の大学や短期大学と異なり、専門知識の習得を目指します。大学や短期大学であれば一般教養と言って専門分野とは異なる範囲の学習も行うものです。

それに対して専門学校はこのような一般教養の時間はほとんどありません。専門知識の座学や実践的な知識を身につけるための実習といった授業が多く、学内で行われる授業の8割ほどが専門知識の授業となります。

専門学校が取り扱う専門知識というのは幅広く、その分野に特化した学校に入学することになります。
コンピューター関係や、公務員、土木、機械、動物、農業、外国語、ビジネス、観光、調理や製菓、スポーツや鍼灸、介護、看護、理容、ファッション、美容といったように特化した内容のものを取り扱っていきます。そのため、将来的には手に職をつけることを目指す人も多くいます。

将来的には同じ職業に就く人が多いのも専門学校の特徴であり、学校の仲間がライバルであるという不思議な空間でもあります。
専門分野に特化した学習ができることで資格取得や就職のサポートが手厚いのも特徴です。面接指導や進路相談、卒業生の現場レポートやインターンなど実践的な就職活動のサポートも行ってもらえるため、高い就職率と希望の職業への就職率の高さが特徴といえます。